SSブログ

狂牛病情報1180 スペインで狂牛病 [平成阿房伝]

ひとこと:狂牛病関連の情報が挙がらない、コロナ一辺倒になっている。米国ではCWD(鹿の狂牛病)が話題になっているはずだが、全く情報が無い。狂牛病が発生していなければよいのだが、実態は分からない。

2021年1月11日(月) by NEWS DESK


スペインで狂牛病


 OIE(世界獣疫機構)に牛スポンジ状症状(BSE)の症例をスペイン農業省が報告した。Viniegra de Arribanoの農場で発見された。
2020年12月、マドリッドの国立TSE参考研究所がLa Riojaの地方動物健康局からBSEの疑いのある検体を簡易検査の結果、陽性であることが分かった。
 その後国立参考研究所でBSEがウエスタンブロット法で確定された。非定型のH型と判定された。これはスペインの48ヶ月以上の牛、死んだ牛のサンプルや屠殺前の牛に適用されるものである。当該の牛は2003年4月20日に生まれたものである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。